傾聴講座TOP
人間関係の赤信号は聴き方にあった


言いたいことが伝わらない、何度言っても理解してもらえない、もう頭にきた!! 誰でも一度はこんな経験ありますよね。そしてそれは伝え方が悪いから、話し方が下手だから・・・・なんて思ったこともありませんか? 
実はその解決策は、「聴き方」にあったのです。


『聴き方上手は話し上手』!

言いたいことをきちんと伝えるためには、正しい聴き方をマスターする必要があるのです。学校でも家庭でも職場でも教えてくれない「正しい聴き方」。本教材では、50分で基本がマスターできます。

  傾聴とは

「傾聴」とは、カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーションスキルの一つです。
人の話をただ聞くのではなく、注意を払って、より深く、丁寧に耳を傾けること。自分の訊きたいことを訊くのではなく、相手が話したいこと、伝えたいことを、受容的・共感的な態度で真摯に“聴く”行為や技法を指します。それによって相手への理解を深めると同時に、相手も自分自身に対する理解を深め、納得のいく判断や結論に到達できるようサポートするのが傾聴のねらいです。

  こんな方にお薦めです

  1. 慣れない人との会話や人前で話すときに緊張しやすい
  2. 人と接するとストレスを感じやすい
  3. 人の気持ちを察するのが苦手
  4. 人の輪に入りたいけどどんな会話をしていいかわからない
  5. 悩み事を相談されることが多いので、効果的な聴き方を知りたい
  6. 聴く力、コミュニケーション力をアップしたい

  本講座を受講すると

  1. あまりストレスを感じず、緊張せず人と関われるようになります
  2. 相手の気持ちを察するようになり、良い関係を築けるようになります
  3. 質問力がつき、状況を客観的に見れるようになります
  4. 自分自身の感情コントロールを意識でき、ストレスをマネジメントしていく力が上がるます

  講座内容


【傾聴 講義1】 7分
 
聴き方の種類と効果について

3つのきく
傾聴とは
信頼関係
傾聴の表現手法
その他の効用




【傾聴 講義2】 10分18秒 

聴き方の技法について

かかわり行動
かかわり行動_姿勢
かかわり行動_視線
かかわり行動_声
よい「かかわり行動のポイント」
「座り方の工夫」
簡単受容_うなずき
簡単受容_あいづち
演習 コラム
接続詞の効果




【傾聴 講義3】 16分20秒

質問の仕方と受容の仕方について

繰り返し
オウム返し
オウム返し_ケース1
オウム返し_ケース2
オウム返し_ケース3
オウム返しをしないと_ケース1
オウム返しをしないと_ケース2
オウム返しをしないと_ケース3
オウム返しを使うと
オウム返しの応用
未完了なコミュニケーション
完了感で心の健康を
質問の種類
質問の例
明確化する質問詞<4W1H>
受容と共感のポイント1
受容と共感のポイント2
受容と共感のポイント3




【傾聴 講義4】 15分56秒

自分の意見の伝え方について
 

自分の意見を伝える
ふさわしくない伝え方_ケース1
ふさわしい伝え方_ケース1
ふさわしくない伝え方_ケース2
ふさわしい伝え方_ケース2
ふさわしくない伝え方_ケース3
ふさわしい伝え方_ケース3
ふさわしい伝え方
あなたの意見を求められたら
質問を投げかけたら沈黙になってしまった
沈黙になったら
時間がない人
勝ち負けにこだわる人
未完了感でいっぱいな人
傾聴することから始めましょう


  受講までの流れ

  1. 本講座は、Windowsパソコンで学ぶ動画教材(CD-ROM版)での受講になります。
  2. 「クレジットカード決済」「コンビニ決済」または「銀行振込」でご入金確認後
    7営業日以内に日本郵便のレターパックで「CD-ROM教材」を送ります
  3. 受講期間中に「メールで2回の添削指導」が受けられます!
  4. パソコンの動作確認は、下記「体験レッスン」よりご確認ください 。

  体験レッスン

傾聴講座講師 青山みどり
《注》
 当講座を受講いただくには、Flash Playerが必要です。お持ちでない方は、下記よりダウンロードしてください。
 ※Flash Playerは無料です。
ジャケットイメージ
こちらからサンプル動画が見られます ↑

「受講の流れ」「動作環境」は、こちらをご覧ください。
http://www.movie-lesson.com/attention/

  受講申込はコチラから

 

受講料

9,800円(税・送料込)

 

  講師紹介

  青山 みどり

  青山 みどり
    産業カウンセラー、初級教育カウンセラー。
    日本人間関係学会、日本教育カウンセリング学会に所属。


  動作環境

【OS】
  Windows Vista、7、8、10
 
【ブラウザ】
  Internet Explorer11
  Firefox
 
【PCスペック】
  PentiumIII700MHz以上相当、または互換のCPU256MB以上のRAM
  200MB以上のディスク空き容量、65,536色以上
  画面解像度:(1,024x768)以上
 
【その他】
  Mac、スマートフォン、携帯電話、タブレット端末からはアクセスできません
  サウンドカード、スピーカーまたはヘッドフォン ファイアーウォールは、ストリーミングメディアを許可する設定
 
【Internet Explorer をお使いの方で動画やテストが表示できない場合の対処法】
  Internet Explorer を立ち上げた状態で
  ① 「ツール(T)」 ⇒ 「互換表示設定(B)」
  ② すべてのWebサイトを互換表示で表示する(E)に 「✔ チェック」を入れる 
 
ご使用の環境によっては、セキュリティソフト等により正常に閲覧できない場合があります。
正常に閲覧できない場合は、お使いのソフトウェアを確認し、各メーカー様へご確認ください。

ページトップ

株式会社レッスン

Copyright (C) 2017 LESSON,inc. All rights reserved. コンテンツ、デザインの全てまたは一部のコピーを禁じます