西洋占星術講座

「ある瞬間」の星の配置が、そのとき地球上で起きた出来事や、そのとき生まれた人々に何らかの影響を与えている」という考え方をもとに「ホロスコープ」と呼ばれる星の配置図を作成し、運命を読み解く占いです。
太古の時代には「あの星が輝き出したから、種蒔きの時期だ」など、星の運行は人々の生活の指針となっていました。次第に災害や戦争、政変など、様々な社会的事象と星の動きの関連性が考えられるようになっていき、そこから未来を予知しようとする「占星術」が生まれました。
その後、17世紀頃までは天文学と占星術は表裏一体な面があり、天文学者ケプラーやレオナルド・ダヴィンチらも占星術を実践していたと言われています。科学が興隆を極めていく中、次第に「天文学」と「占星術」は切り離されていきましたが、現代になって、心理分析のツールとして占星術を用いる「心理占星術」が生まれたり、また面倒な計算を不要で占えるようにした「12星座(太陽星座)占い」が生まれるなど、さまざまな形で私たちの生活に浸透しています。
「世の中の流れ」「日々の運勢」「気になる人との相性」「あるいは自分自身の心の中」「未来に起きそうな変化」など、あらゆる事柄を占うことができます。

生まれた日、生まれた時間、生まれた場所、の星の配置が、何らかの影響を与えているという考え方をもとに「ホロスコープ」と呼ばれる星の配置図を作成し、運気や、性格、行動パターン、適職、恋愛の傾向、健康状態などを占います。

ホロスコープでは、
10個の惑星、太陽 ☉ ・ 月 ☽ ・ 水星 ☿ ・ 金星 ♀ ・ 火星 ♂ ・ 木星 ♃ ・ 土星 ♄ ・ 天王星 ♅ ・ 海王星 ♆ ・ 冥王星 ♇
が、どこに位置していたかを示し、その際に、星の位置を示す座標として使われるのが、「12星座」になります。

12星座には、
牡羊座(おひつじざ)♈ ・ 牡牛座(おうしざ)♉ ・ 双子座(ふたござ)♊  ・ 蟹座(かにざ) ♋ ・獅子座(ししざ)♌ ・ 乙女座(おとめざ)♍   ・ 天秤座(てんびんざ)♎ ・ 蠍座(さそりざ)♏ ・ 射手座(いてざ)♐ ・ 山羊座(やぎざ)♑ ・ 水瓶座(みずがめざ)♒ ・ 魚座(うおざ)♓ があります。
他にも、世の中の流れ、日々の運勢、相性、未来など、あらゆる事柄を占うことができる、西洋の最も代表的な占いです。

ページトップ