ルーン占い講座

ゲルマン民族やゴート族が用いていた、北欧の古代文字・ルーンが刻まれた石や木片、カードなどを用いた占いです。
投げたり、タロットカードのように引いて使います。昔は、魔術や儀式に用いられており、現在でもお守りとして使われることがあります。北欧神話の中で、主神オーディンが授けられた魔法の文字とされています。

古代ゲルマン文字が刻まれた石や木片、カードなどで占います。
投げたり、タロットカードのように引いて使います。タリスマンという、お守りとして使うこともできます。北欧神話の中で、主神オーディンが授けられた魔法の文字とされています。
タロットカードでは、大アルカナ22枚、小アルカナ56枚 に分かれていますが、ルーンでは、古代文字数の違いによって、3種類に分けられます。文字数が多い方が、些細な部分まで占う事ができます。
ヴァイキングフォサーク 18文字 ・ エルダーフォサーク 24文字 ・ アングロサクソンフォサーク 32文字

ページトップ